国際化社会に活躍する翻訳会社とそのお仕事内容を紹介します

翻訳会社

翻訳会社に依頼する前に調べておくポイント

最近はネットにも翻訳機能がついていて、翻訳など機械的に簡単にできるものだと誤解されているかもしれません。同じ単語でも、文脈や文書の種類によっていつくもの別の単語に置き換える必要がありますし、翻訳機能だと人名を普通の名詞として訳したり、とかく誤訳が多い、いやそれどころかそもそも訳になっていないこともあります。
今言いましたが、文書の種類によって別の単語に置き換えるとは、法律の文書・経済の文書・芸術の文書・契約の文書・理系の文書・文学作品…など、専門用語がそれぞれ異なっていますから、その分野のことに精通した人が訳さないと、何を言っているのかさっぱりわからない訳文が出来上がってしまいます。
「餅は餅屋」ということわざがありますが、例えば契約書などは、やはりその道の専門家が訳さないといろいろ手落ちができてしまいます。ある国のビザが必要で、自分の経歴などをその国の国語に訳して提出する場合、その訳文が本当に正確かどうかを明らかにするために、指定の翻訳会社が指示されることもあります。かなり高額な料金を取られますが、その翻訳会社の担当者が訳したということで、その訳文は正式の文書として通用するのです。翻訳会社にはそれぞれ特徴がありますから、それをまずよく調べて翻訳を依頼するのがいいでしょう。

TOP